パパ活

パパ活でやってはいけない注意点│ポイントを押さえて安全にパパ活しよう

  • パパ活を初めたいけどちょっと怖い…
  • 何に注意してやればいいかわからない

と悩む女性は多いかと思います。実際パパ活はトラブルがつきものです。

そのため、注意点をしっかり押さえてパパ活することが大事になってきます。

そこで今回は、パパ活について注意するべきポイントを私が気をつけている点を交えながら解説していきたいと思います!

パパ活は法に触れるのか

結論からお伝えすると、「パパ活自体は違法ではない」です。

ただし、場合によっては法に触れてしまうこともあるので、パパ活を始める際は、しっかり注意点を覚えて始めるようにしましょう。

私の知り合いで法律に詳しい弁護士さんに、どのような場合が法に触れてしまうのかを教えていただきました!

18歳以下がパパ活した場合

パパ活では、若い女の子と自分のお父さんくらいの年齢の人がマッチングして行われる行為でもあります。

パパたちは、比較的若い女の子たちを好むので、未成年は高額のおこづかいをもらえることが多いのですが、その場合は違法性のリスクが潜んでいます。

それは相手の女の子が18歳未満だった場合となります。

このケースにおいて、パパ活を行ってしまうと「児童ポルノ法」に触れるケースがあります。

※児童ポルノ法=児童買春などの行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律のこと。

また、18歳未満の女の子とお金のやりとりとともに肉体関係を持つと、「児童買収」に該当し懲役刑が科されることもあります。

さらにこの中で特に注意してほしいのが、18歳未満の女の子が成人の男性と身体の関係を持つことです。

よく話で出てくるのがお互いに合意があり、お金のやりとりが無くても、成人は青少年(18歳未満)と身体の関係を持つ行為や、その他のそのような行為(お触りなど)は一切禁止ということです。

もし通報などがあった場合(例えば親にバレてなど)、18歳未満の女性は補導され、注意を受けるだけで終わりますが、相手の男性は最悪逮捕となります。

さらに、そのエッチにお小遣い(お金)のやりとりがあった場合は、「児童売春」に当たり立派な「犯罪」として、相手の男性は確実に逮捕されます。

要は18歳未満の女の子が、軽い気持ちで体を売ったりすると、相手の人生を終わらせることになるので、注意しましょう。そうなってしまうと後味はだいぶぶひどいです。

そんなことでみんなの将来を無駄にしてほしくないので、

パパ活をするなら18歳を超えてから!!ということしっかり守ってほしいです。

パパ活で稼いだお金は税金をとられてしまうのか

太パパと契約を結んでいるパパ活仲間と話をしていると、だいたいみんな、年間で100万円以上パパ活で稼いでいます。

そこでよく話題に上がるのは、実際年間100万円以上もパパからおこづかいをもらっているとなれば、

これは税金の対象になるのかどうかということです。

こちら、知り合いの税理士さんに審議したところ、パパ活が税金の対象となるのは「パパ活で100万以上稼いでるパパ活女子に対し、追徴課税を行うことは十分に考えられます。」とのことでした。。。やっぱりお金とられちゃうんですね。。。

まず、税務署のスタンスとして、収入の発生する原因が別の法律で違法行為であっても、その収入が税法に照らして課税と判断されるものであれば課税を行います。

例えば、法律で禁止されている売春や麻薬の売買などでも税金をかけてくるのです。パパ活の内容が性行為で、それを常習的に繰り返している場合、そのパパ活はある意味で売春ビジネスと変わらないと認定されることもあるでしょう。そうなれば、事業所得と税務署が判断し課税をする可能性はあります。

ただし、一般的にはおこづかい的にもらうという感覚なのだろうと思いますので、そういう意味では、贈与税の心配をする必要があります。

贈与税はどれくらいかかるのか

贈与税は、おこづかいを受け取る人が1年間でいくらもらったかで課税が行われます。つまり、「パパAから100万円」、「パパBから200万円」を受け取った場合、300万円の贈与があったものとして考えられます。その場合19万円の税金がかかります。

(300万円-基礎控除110万円=190万円で、この190万円に税率10%がかかる計算)

今までは、「別にバレないから大丈夫でしょ!」と、特に申告していませんでしたが、このような話を聞くと、注意したほうがいいですね。

仮に、もし税務署サイドがパパ活をしている女の子に、パパ活以外の収入について調査が入った場合や、おこづかいを渡しているパパに調査が入った場合には、パパ活で100万以上稼いでいることがバレてしまうので、パパ活収入を贈与税がかからない110万円以下に抑えるなど、注意する必要がありますね!

売春や援交(援助交際)目的でパパ活した場合

まず、パパ活をしてデートでおこづかいをもらっても、相手のパパと身体の関係を持たない限り、「売春・援交」にはなりません

そもそも売春とは、『対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう(売春防止法、第2条)』そのため身体の関係を持たなければ、パパからおこづかいをもらっても援助交際とはならないですし、複数人の男性としなければ売春とはならないです。

そもそも、パパ活はあくまでデートがメインです。

エッチは、そのデートの延長線上にあるものとみなされるため、基本的には身体の関係を持ったとしても売春にはなりません。

ただし、以下の2つの条件が揃うと、パパ活も「売春(援助交際)」と認められてしまいます。

  • デートなしでいきなりホテルに行き、お小遣いをもらって即解散するなど、明らかに売春目的でパパ活したと認められる場合、かつ、複数の男性とそのような関係にある場合
  • パパ側が、SNSや出会い系サイトで身体の関係を前提としたパパ活の相手を募集した場合

には、女性側と同様、売春防止法5条1項1号違反に該当し、「6か月以下の懲役又は一万円以下の罰金に」処される可能性があります。

なお、女性側の募集に応募し、買春をするだけであれば、違法ではあるものの、罰則の適用はない。

つまり、パパ活においての売春行為は、「体を売ることは法律で禁止します。そして、勧誘や斡旋をする客引きや経営者が売春行為を行った場合は罰せられますが、売春する本人や買った本人は罰を受けない。」ということです。

そのため、パパと身体の関係を持った時点で法律に触れてしまうので、パパ活はデートメインでするものだという認識を改めて持ってくださいね。

不貞行為になる場合とならない場合

パパ活で不貞行為にあたるのは、パパが既婚者で家庭もちであったりする場合に不貞行為となる可能性があります。

さらに肉体関係を持った日には、離婚理由となる不貞行為に当たる場合がありますし、相手の妻が不貞相手の女性に慰謝料を求めることができます。

実際に、私のパパ活仲間は既婚者のパパと身体の関係を持っていたことが奥さんにバレて、慰謝料として多額の金額を要求されたらしいです。。。(その子は結局パパ活で稼いだお金で慰謝料を払ったらしいですが。。。)

ですが、パパが未婚者である場合であれば不貞行為には当てはまらないので問題ありません。

現在日本では、援助交際などの売春行為は法律で禁じられていますが、刑事罰の対象となりませんが、パパ活は売春との区別が難しいため、必ずしも売春と言い切れないというのが現状であり、そのためグレーではありますが違法とならないケースが多い可能性があります。

ですが、もしお相手のパパが既婚者であった場合、せっかく稼いだお金が慰謝料に消えてしまう可能性も十分ありますし、法を侵すことにもなるのでこのことをふまえたうえでパパ活しましょう!

こんなパパには注意しよう!

~当てはまればブラックリストへ!こんなパパには注意しよう!~
  • 最初から身体の関係を迫ってくるパパ
  • 実際に会う前にLINEを交換しようとしてくるパパ
  • 顔合わせで遅刻やドタキャンするパパ
  • 明らかに上から目線なパパ
  • 最初から高額手当を提示する詐欺目的のパパ
  • 本名などの個人情報を探るストーカー予備軍のパパ
  • 浮気・不倫している既婚者のパパ

今までの経験からトラブルや被害を与える可能性があるパパの特徴についてまとめました!(笑)

いかかですか?ちょっとでも思い当たるパパがいたら注意してやりとりを進めるか、最悪の場合パパを切っちゃっても(ブロックしても)大丈夫です!

トラブルになる前に危険を回避しましょう!

パパ活で本当にあった被害やトラブル

次に、実際に起きたパパ活での被害やトラブルについてご紹介していきます。

今からご紹介する被害やトラブルを知っておくだけでも、何に注意してパパ活するべきかがだいぶわかってくると思いますので、要チェックです!

パターン1│金銭に関わるトラブル

パパ活の中で一番多いトラブルはお金に関するトラブルです。

やっぱり財産にかかわってくるものなので一番パパともめる点になるのは間違いないですね。

さっそく、パパ活での金銭トラブルについて多かったものを順にご紹介していきます!

① おづかい、交通費をもらえない
実は、ごはん・デートをしたのに、おこづかい、交通費をもらえなかったということがよくあります。私の経験上5人に1人くらいなので割と多いんですよこれ!

でもパパも人間なので、いろいろな理由はあると思いますが、大体は次の2つが理由です。

  1. パパにお金を払う価値がないと思われてしまった
  2. パパははじめから払うつもりがなかった

その1: パパにお金を払う価値がないと思われてしまったのには原因があります。それはデートが楽しくなかったからです。パパは、楽しいデートができた代わりに「楽しかったありがとう」「また会いたい、応援したい」との理由から厚意としておこづかいをくれます。

もし、あなたがあまりにも写真とのギャップがあったり、愛想が悪かったりすると、パパはおこづかいをあげる気がなくなってしまいます。なぜならそんな女性とデートをしていても楽しくないからです。

とくにパパ活は、サービスでも仕事でもなく、あくまで個人間のやりとりの関係なのでパパ側にお金を支払う義務はありません。

いくらパパ活のルールとは言え、こちらの悪い対応で相手からおこづかいをもらえないのは当然なので、その点は私たちパパ活女子としてしっかりわきまえておく必要があります

その2: 中にはそもそも払うつもりのないパパもいます。事前にお金の約束をしておくことで多少の被害を防ぐことはできますが、それでも被害を完全に0にすることは難しいです。もしそうなってしまったら心の中で中指を立てて次に行きましょう!(笑)

②タダメシ、タダホテルをされる
これは私がパパ活仲間から聞いた話ですが、パパがいい感じのお店に連れて行ってくれたのに、最後の方で「仕事の電話」と行って外に出たきり帰って来なかったそうです。この友達は結局トータル1.5万円の支払いを自分でしたそうです。。。

もし、相手におどおどした雰囲気があったり、電話やトイレに席を離れる際に全ての荷物を持っていたら注意しましょう。

③月契約をしたのに払ってもらえない
「やっと太パパに出会えた!」「ついに月契約!」となると浮かれがちですが、月契約の後払いには注意してください!後払いの場合、約束通りに定期デートしたのに、結局お金をもらえずに男性が去ってしまうということがあります。

パパ活では、都度のおこづかい・交通費以外は常に先払いをしてもらう意識でパパ活しましょう。先払いでないのなら、しっかりお断りすべきです。

④「返済しろ」「訴える」と脅される
ちょっとやばめのパパに出会ってしまうと、パパの機嫌を損ねた途端に「今までのお金を返済しろ!」「そうしないと訴えるぞ!」と言われてしまう恐れがあります。

パパ活のおこづかい、交通費は法律上「贈与」という扱いなので、返す義務は全くありません。

そのためあまり気にしなくていいのですが、ただそのように言われるといい気分はしないですよね。。。みなさんが悪いわけではないので気を取り直して次に行きましょう!(笑)

パターン2│プライバシーに関わるトラブル

つづいて、次に多かったのが個人情報流出にかかわるトラブルです。

SNSに情報をのせない

パパ活アプリやパパ活サービスは、身バレ防止のためにセキュリティ強化をしています。運営会社によっては、SNS投稿について厳しく取り締まっています。

そのため、自分の個人情報流出を防ぐためにも気軽にSNSで投稿したり、パパとやり取りしたメッセージやプロフィール情報などを、TwitterやInstagramなどのSNSに投稿するようなことは控えましょう。

※パパ活アプリやサービスと同じ名前のSNSアカウントを使うことも控えてくださいねー!!

クレジットカード番号を教えない

パパ活をはじめて実際にパパとデートをするようになると、おこづかいをもらうことになると思います。

その際に、パパから「おこづかいを口座に振り込みたいからクレジットカードの番号を教えて」と言われたら要注意です。

最近では、女性会員からのクレジットカード詐欺被害が報告されており、パパ活アプリやパパ活サービス等でも男性会員にクレジットカード情報を教えないように注意喚起しています。

会う回数を重ねていくと、気がゆるんでしまいがちですが、「現金払いで!」という条件提示を忘れないように注意してください!

デート場所の選び方

パパ活でデートをする場所は、普段の行動範囲から離れた場所を指定するようにしましょう。これは家の住所や学校・職場名など、個人情報が漏れることを防ぐためです。

パパに「どこらへんに住んでるの?」と聞かれても、2,3駅離れた場所やおおまかな場所を答えるようにしましょう。

特に、一人暮らしをしている女性はストーカー被害などを避けるためにも住所を明かすことは危険性が高いです。また、「顔合わせ」と呼ばれる初回のデートでは、高級なお店を要求したりするようなことは控えましょう。

顔合わせは、お互いの相性を判断する時間として考えているパパが多いです。そのため、お昼の時間帯に、カジュアルなカフェやレストランでお茶をするのがおすすめです。会話を通してパパが求めていることやニーズを理解しましょう。

また、2回目以降も、人が多くて賑わっている焼肉店などがおすすめです。くれぐれも、カラオケやホテル、車など密室で会うことは控えるようにしましょう。

そこで、もしも人の少ないところで待ち合わせする場合は必ず場所を変えてもらうようお願いしましょう。

本名は絶対教えない

メッセージの回数を重ねるうちに、パパから名前や個人情報を聞かれることがあるかもしれません。

ですが、パパ活をする上で、本名を教える必要はありません。適当に思いついた名前や、全くの偽名を使っても問題ないです。

私がよくやるのは、キャバで働いていた時の源氏名を教えてます(笑)みなさんもいくつか忘れなような偽名を持っておくといいですね!

すぐにLINEなどで連絡を取らない

実際に会うまでは、パパ活アプリやパパ活サービス上でのメッセージを通してやり取りすることをおすすめします。

パパ活アプリで男性側は課金しないとメッセージが送れないため、気軽にLINEやカカオトークなどのSNSでメッセージを取ろうと持ちかけることが多いです。

普段使っているLINEのアカウントを教えてしまうと、これまでのTLを閲覧されたり、「知らないうちに個人情報をコピーされている」といったことになりかねないので、注意しましょう。

会うのはメッセージのやり取りをしてから!

パパと会う前に、メッセージのやり取りを行い、条件提示のすり合わせをしっかりしましょう。

〜最低限把握しておきたいこと〜
  • 待ち合わせ場所と時間(前日にも再度確認要)
  • どのくらいおこづかいがもらえるのか
  • 支払い方法(先払いがおすすめですよー!)
  • 身体の関係はなしということに同意しているか

また、パパ活ではじめて会う場合は、高額を要求することは控えましょう。顔合わせでのお手当の相場は5,000円〜1万円程度です。

あまりにもお金の話ばかりしてしまうと、パパ側も「この子お金目的なんだ」と思って継続して会いたいくないなと思われる可能性があります。

ただし、「金額は会ってから決める」と言ったメッセージが来た際には注意が必要です。いざ会ってみたら、支払わないケースや身体の関係を要求されるケースもあります。必ず、受け取る金額を決めてから会うようにしましょう。

中には、食事代も払わずに帰ってしまう詐欺パパもいます。トラブルを防ぐためにも、「現金先払い」と決めて会ったらすぐに受け取ることをおすすめします。

パターン3│身体の関係を迫られたトラブル

パパ活の被害の3つ目は、身体の関係を強要されることです。純粋なパパ活では、身体の関係はありません。ただ、ご飯を食べたりデートをするだけです。

最初から、「身体の関係なしでお願いします」と伝えていても、いざとなると強要してくるパパは少なくありません。

また、車で移動して、無理矢理ホテルや個室に連れ込んだり、人が少ないところに連れていかれて、車の中で無理やりされそうになったというケースもあります。

さらにはデート中にどんどんお酒を飲まされベロベロの状態でホテルに連れ込まれ、性的暴行されたり、中にはカメラが回っていてAVの撮影をされそうになったり、というケースまで。。。

カメラを回されたり写真を撮られたりすると、それをネタに脅されることがあります。いわゆるリベンジポルノですね。

リベンジポルノで脅されると、金銭のやり取りなしに、行為しなくてはいけなかったり、逆に金銭を要求されることもあります。

そのため、途中でやばそうな感じになったら急用が入ったなどと誤魔化してその場から立ち去るようにしてください!

パターン4│不倫・詐欺に関わるトラブル

ここで注意してほしいのが、不倫や詐欺にまつわることです。

まず不倫に該当するケースを見ていきましょう。

不倫になるケース:相手との間に身体の関係がある場合

結婚をしている場合、法律上の離婚の原因となる不倫は、基本的に不貞行為があったかどうかで決まります。

※不貞行為とは※
既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つ事を指しており、つまり相手のパパorパパ活女子と肉体関係があった場合は不倫(不貞行為)となってしまうのです。

そのため、たとえ相手との間に恋愛感情がなく、一般的な不倫と違いビジネスの関係だったとしても、相手が訴えれば裁判上は離婚や慰謝料の請求に繋がってしまいます。

一方でパパorパパ活女子との間に肉体関係が存在せず、食事や買物デートに行くだけの関係だった場合、不貞行為にはならないのでパパ活を不倫として、離婚や慰謝料の請求をしても裁判所が認める可能性は低くなります。

もちろん相手が未成年だった場合は、確率は低いとはいえ青少年保護育成条例に違反して問題になる可能性もあるので注意しましょう。

ただ不倫は人によって概念が異なるので、相手が「食事に行くだけでも不倫」「デートをしたら不倫」と感じた場合、精神的な苦痛を理由に慰謝料や離婚を請求されるケースもあります。

実際、過去には性交渉がないものの何度もデートを重ねていた既婚者の男性へ、裁判所が離婚はしないものの10万円の慰謝料の請求を認めたケースがありました。

実際にパパ活で不倫したorされた時の慰謝料の相場をみてみましょう。不倫の慰謝料の相場は相手と会った回数や受けた精神的な苦痛にもよりますが、基本的には数十万〜300万円が相場と言われています。

次に詐欺に該当するケースを見ていきましょう。

パパ活で詐欺に遭う場合はたいていの人が「銀行口座」「クレジットカード番号」「暗証番号」を教えてしまっています。

詐欺師は「これから毎月おこづかいあげるからクレジットカード番号教えて」とそれっぽ~く聞いてきますが、絶対に教えないでください!!

おこづかいは大金であっても手渡し現金で受け取るようにしてください。くれぐれも銀行の口座やクレジットカード番号を教えないように注意してくださいね。

私が実際にやっているトラブル回避法!

今までパパ活は法に触れるのかなど、パパ活でのトラブルについてご紹介してきました。

続いて、次に実際私が行っている詐欺を見極めるコツについてご紹介していきます。みんなの被害が少しでもなくなるように参考にしていただけるとうれしいです!!

お金持ってるアピールがしつこいパパ

詐欺師は、パパ活女子がお小遣いをたくさんほしいというのを見抜いているので、「自分はお金を持っている」アピールがすごいです。

「俺と一緒にいれば月100はあげられるよ」などと甘い言葉で近づいてきます。とくに、若くてブランド品ばかり身に着けている人や、年配なのに自分に合っていない格好をしている人には要注意。

物わかりがよすぎるパパ

最初から「パパ活OKだよ、いくらほしいの?」等言ってくる男性はほぼ皆無。

会って、気に入ったからお金をくれるのがパパ活なので、最初から物分かりよく近づいてきたら警戒しましょう。

詐欺パパは最初相手を選ばない場合が多いです。一方、本物パパは相手を厳選します。この点は明確に真逆です。そのため、相手が誰でもいいかつ好条件の提示だった場合、ほぼ詐欺と考えて間違いないです。

何かと個室や車にこだわるパパ

詐欺パパはすぐに車に乗せようとしたり、個室を使いたがります。

これは、初回は昼間、人の多い場所でのお茶などのみにすることで防げます。初回お茶のみでと女性からお願いして、それを受け入れない場合は詐欺パパの可能性が大ですので会わない方が賢明です。

安全でおすすめなパパ活アプリ

内部リンク貼ってくコンテンツ

まとめ

いかがでしたか?

パパ活はパパとデートするだけでお金が稼げるまさに夢のような話ですが、中にはトラブルもたくさんあります。

安全なパパ活をするためには、安全なパパ活アプリ・サイト選びをすること、いいパパを見つけること、自分磨きを常にし続けること。この3つです。

みなさんが理想の自分に近づけるよう願っております。ではまたお会いしましょう〜!