合コン

合コンのセッティングを頼まれた時の対処法と幹事のメリットとは?

合コンのセッティングを頼まれた時の対処法と幹事のメリットとは?

「合コンしたい」というような会話の中から、突然学校や職場の先輩から合コンの幹事を頼まれた、という経験のある方も多いのではないでしょうか?慣れない幹事を頼まれたら、一体何からすればいいのか・何をすればいいのかわからなくて困ります。そんなことがあっても困らないよう、合コンのセッティングポイントをまとめました。

合コンの幹事のメリット

「幹事なんてやりたくないよ・・・」という方はまず、合コンのセッティングを頼まれた時のメリットから考えていきましょう。少しでも楽しんだり、やった時の良さを知った方が気持ち的にも楽になります。実は合コン幹事はメリットも多いのです。

メリット① 全員の連絡先をGET

幹事という立場から、自然と全員の連絡先を交換することができるので、合コン後は誰に対しても連絡を送ることが可能です!例えば、合コンが終了する際に「今日の写真とか共有できるようにグループラインを作るから、みんなの連絡先を控えるね。」というように、自然と全員連絡先を聞くことができるのです。
これは幹事以外ではなかなか難しいですが、周りからも「幹事だし」と信頼してもらえますので、幹事の最大のメリットです。

メリット② 名前や顔を覚えられやすい

合コンの段取りがしっかりしており、且つ参加者が楽しむことができれば、それだけで周りからは頼りになる存在です。合コンは初めて出会う人が多いはずです。初めましての出会いでしっかりした存在感を抱くことになるので、参加者と違って好印象を得やすいことは間違いありません。
ただし、段取りがしっかりしていなかったり、不手際が多いと真逆の効果となりますので注意が必要です。

メリット③支払いのポイントをGET

幹事はお会計の際に参加者から集金して、まとめて支払うケースが多いです。その際に自身のクレジットカードや電子マネー決済で支払うことで、ポイントをためることができます。特に人数の多い合コンの場合はまとまった金額の支払いとなりますので、ポイントは地味に溜まります。幹事の特権ということで、ここはこっそり行って得をしましょう。

合コンのセッティングの5つのポイント

合コンをセッティングするには、5つのポイントを意識しましょう。

①異性の幹事を決めよう

幹事は一人ではなく、男性側と女性側で一人立てます。異性の幹事と一緒に取りまとめをすることになるので、できるだけフォローをし合える間柄の人に声をかけることが無難です。特に、合コンは異性の参加者次第で盛り上がるかどうかも非常に重要です。人脈を持っていそうな異性の幹事を見つけられると、成功しやすくなります。

②日程を決定しよう

合コンのセッティングにおいて、日程の優先度は高いです。なぜなら、「ドタキャン」等があった場合に異性の幹事との信頼関係が崩れるからです。始まる前から印象が悪くなりますので、間違っても参加メンバーを優先しないよう気をつけましょう。
確実な方法は、事前に合コンの候補日を決めておき、その日に参加できそうなメンバーを把握しておくことです。

万が一ドタキャンされてしまった時に、すぐに違うメンバーが参加できるように布石を打っておけると尚良いです。人数が確実に合う日程を設定するようにしましょう。

日程を決める前にメンバーを決定する際には、メンバー全員の都合の良い日を聞き出しましょう。可能であれば、参加できる日程が全員に見えるようなツール(調整さん等)を使い、できるだけ見える化しておくことをおすすめします。

③人数を集めよう

人数の目安は「3対3」くらいがおすすめです。あまり人数が多いと、人数集めのハードルも高くなりますし、二次会の参加が難しくなる可能性が上がります。「3対3」であれば、自身でメンバーを2人・異性の幹事から2人連れてきてもらえば人数集めにはさほど困りません。

④予算を決めよう

1人当たりの予算を決めていきます。お店にもよりますが、できるだけ決まった金額で追加の無いようなプランニングにしておくことをおすすめします。金額を定額にしておくと、お会計時にグダグダすることもなくせますし、端数分等を幹事が負担することもなくなります。

⑤場所を決めよう

開催場所(お店)は幹事にとって重要度の高いタスクになります。基本的には参加者の好みに合わせることになります。喜ばれるお店のポイントはこの3点です。

・普段より少しだけ高い
・おしゃれ
・アクセスが良い

予算でも伝えしましたが、「コース料理+飲み放題」のように定額のコースがあるお店であることが望ましいです。

合コンセッティングのポイントについて詳細をまとめた記事もありますので、こちらも是非参照ください。

【おすすめも紹介】合コンセッティング代行アプリを使おう

お店選びやメンバー集めまで、合コンのセッティングをアプリで簡単にセッティングができることが可能になりました。安全で実績のあるおすすめ合コンセッティングアプリを紹介します。

コンパde恋プランの特徴と評判

コンパde恋プランは日本最大の合コンセッティングサービスです。基本的な流れとしては、登録しているユーザー同士で合コンの募集や、好みの合コンへの参加をアプリ上でできるサービスです。セッティングを任された時には、アプリ内の募集カレンダーに「日時」と「好みの相手」を設定することで、合コン相手を待つことができます。アプリ上で手軽に行えるのは幹事として非常に心強いです。

最大の特徴として、参加しない限り費用がかからないサービス形態となっています。そのため、評判やクチコミについては高評価が非常に多いです。コンパde恋プランについての記事もありますので、こちらも参照ください。

Rush(ラッシュ)の特徴と評判

Rushも同様に、ユーザー同士での相互で合コンの参加や募集が行えます。Rushの特徴は、登録する際に「似ている有名人」という欄が必須であることが挙げられます。実際にRushで合コンを行った人は、この「似ている有名人」のネタで盛り上がることが多く、「一人で参加しても楽しめる」という声が多数あります。また、結婚相談所の大手IBJが展開しているサービスのため、サービスの安全性に関する心配は不要です。開催が決定した合コンには、スタッフから詳細の連絡が届きますので、幹事を任されて不安であったりどうしても参加メンバーが見つからない時は利用も検討すると良いです。

なんで合コンの幹事を頼まれるのか?

そもそもなんで頼まれてしまうのでしょう?実は合コンを頼まれやすい人には、ある共通点があります。

合コンの幹事を頼まれやすい人の特徴

合コンの幹事を頼まれやすい人は、周りからこう思われていることが多いです。

① 異性との交友関係が広い
② 頼んだらやってくれそう(Noと言わなそう)
③ 他社から見て人気がある
④ 変わった属性やコミュニティを持っている

このようなものが、特徴として挙げられます。当てはまるものはありますでしょうか?

異性との交遊関係が広い人は「この人とつながっていれば出会いがある」と思われています。また、少し異色な職業であったり趣味等のコミュニティを持っていると「紹介してほしい」という気持ちから頼まれることが多いです。

注意点として、②で上げたような人の場合はしっかり断る勇気も必要です。

合コンのセッティングを頼まれた時の断り方

どうしても断りたい時もあります。幹事は大変なことも多いので、断りたい時は無理に引き受けずにしっかり断りましょう。

合コンのセッティングの断り方

先輩や会社の上司からお願いされたりすると、中々断りにくい場面もあります。そういう局面でうまく断る方法を紹介します。

無難な断りフレーズ①
友達が既婚者ばかりなので難しい or 友達いないので無理です

合コンは参加者が集まることに意味があります。つまり、幹事は異性の友達がいなくては務まりません。そのため、「参加できる人がいない」もしくは「友達が少ない」ということを理由に断ることが無難です。

注意点として、「友達がいない」の場合だと、「友達がいない人」と思われてしまう可能性がありますので、「友達が既婚者ばかり」と断る方が無難です。

無難な断りフレーズ②
今月はスケジュールが埋まっているので難しいです

合コンは休日の前日に行うことが多いです。そこに既に予定が入っているという「忙しいアピール」をすることで、頼みたくても頼めない状況を作ってしまう方法です。

とはいえ本音を言うことが一番ですので、言いたいことを言える立場の人であれば回りくどい断り方をせず「やりたくない」と正直に伝えましょう。

気になる異性からセッティングを頼まれた時は?

気になる相手から合コンのセッティング依頼がったってことは、「自分は候補になっていないのか?」と不安になります。異性が合コンのセッティングを頼む心理について考えてみましょう。

これって脈あり?なし?

この場合、結論からいうと「脈あり」の可能性はあります。理由は「デートに誘うのは恥ずかしい」ということで、合コンのお誘いをする人は結構多いのです。「合コンでもその人と一緒にいたい」という気持ちもありますので、いい方向に捉えましょう。合コンでよりお近づきになって、「結果付き合い始めた」というのはよくある話です。

まとめ

合コンのセッティングを頼まれたら、正直大変なことは多いです。気が進まない場合はしっかりと断りましょう。忙しかったりメンバー集めが大変だったりした場合は、アプリ等のサービスを使うことで簡単にセッティングが可能です。困った時には是非参考にしてみてください。